市場の拡大

男は大抵エロいことが好きであり、毎日のようにそういった刺激を求めているものです。もちろん全ての男性がそうであるなんてことは言いませんが、そうである可能性は高いでしょう。でなければ成人向け雑誌やAVなどのアダルト業界がこれほど活性化するはずがありません。
これは悪いことではなく、エロは人間が持っている本能です。それを周囲に対して発散しないためにそういったものがあるのであって、溜め込むよりはむしろいいことだと思います。

発散させるためのエロということですが、これにも色々な種類があります。一般的には成人向け雑誌やAVなどの三次元的コンテンツ、リアルなものを使うと思いますが、近年増えているのがマンガやアニメ、ゲームといった二次元的コンテンツです。スマホ用のアプリでもこういったエロ関係のものは増えているため、そういった意味でかなり多様化は進んでいるんだと思います。
特にゲーム業界ではアダルトゲームの売れ行きは凄まじく、これには色々と理由があるのですが、一般向けのゲームに引けをとらないどころか一部では追い抜いていたりするわけです。マンガやアニメでも動きは活発化していて、コミケなどのサブカルチャーが一般的に認知されてきていることも影響しているんだと思います。
エロアプリに関してはまた少し違った観点が必要になりますが、スマホによっていつでもどこでも利用できるアプリは便利な存在だと思います。アプリにも様々な種類があり、それぞれ目的も異なるでしょう。

こういったジャンルのものが発展していくというのは平和である証拠でもあると思います。かといって大々的にやってもいいかと言われればそれはなかなか難しい問題ですが、需要と供給を上手く考えることが大切ですね。

おすすめサイト

萌えまくりのエロアプリを無料でゲット「ピンクアプリ.com」